執筆・寄稿

英語は”速く”間違えなさい

ミス」を重ねるほど、あなたの英語は流暢で実戦的になる! 
                 (ウィリアム•ルーカス著、山口まみ訳)

内内容紹介

【Chapter1】なぜ、日本人の英語習得は遅いのか
【Chapter2】「間違い」は脳のごちそう
【Chapter3】自分だけの「英語ワールド」を作ろう
【Chapter4速く間違える「英語5分間ダッシュ」
【Chapter5】「英語ジャーナル」をつけよう
【Chapter6】最速で英語を習得するためのマインドセット

 

世界30カ国1000人以上の非ネイティブを教えた
プロネイティブ教師による効果的かつ自立した英語学習法! 


☆「正解」を暗記するよりも推測して間違う
☆文法は勉強しない
☆単語は辞書で調べない

日本人が本気で英語を習得したければ、
もっと速く多く間違いをおかさなくてはなりません。

本書では「英語学習で、どうすればたくさんの間違いを
素早くおかすことができるか」を徹底解説


*翻訳者 山口まみの英語動画メッセージはこちら

子育てが楽になる心理学:母親が一人で抱え込まないための工夫とヒント(三笠書房)

「子どものいちばんの敵は、親のストレスなのです」
 

内内容紹介

◎子どものためにも、もっと自分の心に気を配る
◎わが子が、自分と似た性格とは限りません
◎子育てでは、どんどん周りと“貸し借り”しよう
◎「うちはうち、よそはよそ」――それでいいのです
◎祖父母と子どもの関係は、放っておくのがいちばん
◎「うちの子、もしかして発達障害?」と思ったときは――
◎子どもへの怒りの原因が、じつは夫にあることも
◎よく泣く子、おとなしい子、落ち着きのない子……心配しないで大丈夫

子育てに疲れたとき、自信を失ったとき、
自分をどうやって立て直すか?
子育てをもっと楽しむための秘訣とは?
母親であり心理学者でもある著者が教えてくれる、
「無理しない・焦らない・考えすぎない」子育てのヒント

大切なことはいつもシンプル。
子育てを難しく考える必要はありません。

  • 「あなたが大好き」ーー本当に大切なことはこれだけ
  • 「お母さんが元気」なら、子育ては何も心配ない
  • 「うちはうち、よそはよそ」ーーそれでいい
  • 子どもの才能を伸ばしたいなら、親は「待ってあげる」こと
  • 心をかけて育てれば、子どもは強く、優しい大人になる

「変われない自分」を変える新しい思考の習慣(同文館出版)

ポジティブ心理学博士が教える、
自分の思考と感情をコントロールして「最高の自分」を実現させる方法

 
「どうせ、自分なんて…」「やっぱり、また元通り…」
つい、「変われない自分」を責めてしまっていませんか?

変わりたくても変われない「負のループ」に陥ってしまうのは、 自分の性格や能力のせいではありません。

自分を変えられないのは、思考が変わっていないから。

本書では、“心の抵抗”を外して、自分の思考と感情を管理する方法を
自己実現&人財育成プログラム「ターニングポイント」をベースにして教えます。

ただし、長年をかけて形成された思考を“一瞬”で変えようとすると、
「思考のリバウンド」が起こってしまうので注意が必要です。
自分を苦しめる「歪んだ思考パターン」を見直し、心の力を味方につけて、ゆっくりやさしく思考を変えていけば、感情や行動は自然と変わっていきます。

自分の人生を主体的に生きるためのヒントがたくさん!

"心の抵抗"を外して、最高の自分をつくり出す

「究極の自己管理=思考と感情のコントロール」5つのステップ

書籍出版のお知らせ 

「あなたの『隠れネガティブ』を解消する本:
あと一歩、踏み出せる自分に変わる」(三笠書房)

なぜ、元気が出ないのか?

感情が暴走してしまうのか?

すぐに行動できないのか?

――その原因は「隠れネガティブ」にある!

  • 抑圧された感情――「隠れネガティブ」の正体
  • 自分を嫌うことほど、人生を難しくするものはない
  • こんな「思い込み」が、人生のブレーキとなる
  • 「自信」よりも、まずは「安心感」を育てよう
  • 思考の堂々巡りをやめる「自己表現ライティング」
  • あなたとお金の関係を改善する「心のエネルギーの使い方」
  • 「家族」に対する過度な重荷を捨てる
  • 「しがみつかない」――いい恋愛をするための絶対条件
  • 「現実」は今すぐにでも変えられる

ポジティブ心理学の日本における第一人者が教える、心の奥底にある「隠れネガティブ」を解消し、強くしなやかなマインドを育てる法

The Human Pursuit of Well-Being: A Cultural Approach

Yamaguchi, M., & Halberstadt, J. B. (2011). It’s All about Me: Maladaptive Self-focusedAttention As a Mediator Between Extrinsic Goals and Well-being. In I. Brdar (Ed), The Human Pursuit of Well-Being: A Cultural Approach (pp. 95-106). New York: Springer.

Personality and Social Psychology Research

Yamaguchi, M., & Halberstadt, J. B. (2008). Attainment of intrinsic and extrinsic goals revisited: The Interaction of Goal and Well-being Dimensions. In B. P. Reimann (Ed.), Personality and Social Psychology Research (pp. 93-105). New York: Nova Science Publishers.