WB (Well-being) ポジティブマインドスクール
『こころのカリキュラム2.0』 
マインドの力を育成して、幸せな社会づくりに貢献できる人になる

こんにちは、ポジティブ心理学博士 山口まみです。
先日、あるクライアントの方から、こんなメッセージを受け取りました。

「まみさんのセッションを受けてから、気持ちがグンと軽くなり、前よりずっとラクに生きられるようになりました。自分を必要以上に責めたり、人を一方的に批判するということも少なくなったおかげで、職場での人間関係や家族やパートナーとの関係も驚くほど改善してきました。

少し前までは、自分の思考が生み出す怖れや不安で、自分自身を苦しめていました。でも、今は少しでも自分が気持ちよく過ごせる心のあり方を大切にするようにしています。

こんな心の使い方を人にも伝えて、家族や友人、職場の同僚といった周りの人の幸せにも貢献できるようになりたいと思っています。」

そう語る彼女はちょっと前まで、ちょっとしたことで不安心配を抱えがちでした。ややもすればストレスで夜も眠れず、始終イライラ疲れ気味で、仕事や人間関係にも悪影響を及ぼしていました。

そんな彼女が変わったのは、「心の働きの原則」を学んだことで、以下のような成長と変化が彼女の中に起こったからです。

その成長と変化は、こちらです。

自分や他人の気持ちに振り回されることが少なくなった

彼女はネガティブな気持ちを感じると、すぐにそれを周りの人や状況のせいにしていました。「自分は何もしていないのに、こんな辛い思いをさせられるなんて酷い」と訴えていました。

そんな彼女でしたが、「心の働きの原則」を学び、実際には自分の気持ちは、人の態度や状況をどう捉える(解釈する)かという他でもない「自分の思考」によって生まれるものだという「心のからくり」が理解できるようになりました。

自分の気持ちがどこから生まれるかを理解することで、気持ちのコントロールが前より上手に出来るようになり、心が安定してきました。それと同時に、人の気持ちや態度に対する理解や思いやりも、彼女の中に深まりました。

思考の持つ本当の力を活用できるようになった

彼女はこれまで、自分が抱く思考を意識的に振り返ることがありませんでした。思考は勝手に浮かんでくるもので、自分に思考の選択肢はないという思い込みをもっていたのです。

一般的に人が一日に抱く思考の数は約6万個で、その95%は翌日も繰り返され、その80%はネガティブな思考だと言われています。

つまり、思考を野放しにするということは、ネガティブな思考(セルフトーク)で自分の気持ちを最悪の状態にするということ。つまり、自分の人生を台無しにするということを、毎日やっているということです。

思考の働きについて学んだ彼女は、自分の思考に注意を払い、「自分のためになっていない思考の習慣」を変える努力をしました。そうすることで、日々彼女が感じる『幸福感』は劇的に高まりました。

ネガティブな感情を味方につけることができるようになった

彼女はこれまでネガティブな感情(怒り、悲しみ、怖れ、不安、妬みなど)を感じると、その感情の轍からなかなか抜け出せずに、悶々と考え悩み続けるという傾向を持っていました。

ネガティブな感情は思考の幅を狭め、物事の全体像を見えなくし、さらに嫌な気持ちを増長するようなネガティブな思考を引きよせます。ですから、意識的に思考の切り替えを図らないかぎり、気持ちはどんどん落ち込んでいくのです。

そんな彼女でしたが、ネガティブな感情は思考の軌道修正を図るための大切な「心のナビゲーター」であることを学んでからは、ネガティブな感情に適切に対処できるようになりました。そうして、素早く感情の落ち込みから回復して、本来の明るい自分を取り戻すことができるようになりました。

彼女のような課題を抱えた方々と向き合い、アドバイスを行ってきた私は大切な2つのことに気づきました。それは、心の健康を取り戻し、穏やかで幸せな毎日を生きていくには、基本的な心の働きに関する理解が不可欠であるということ。そして、その理解をベースに思考の習慣を変える努力を行っていけば、誰でもその人が望む『最幸の人生』を送ることができるということでした。
 

そこで、この講座が誕生しました。

幸せは人生の究極の目的

あなたの人生における「究極の目的」とは何でしょうか?

あなたが今やり遂げようとしている仕事のプロジェクト、実現したいと願っている夢、頑張って取り組んでいる勉強や資格取得。

そんな目標実現のために努力しているのは、それが手に入ったら「幸せになれる」と信じているからではないでしょうか?

つまり、私たちの人生の究極の目的は「幸せ」にあるといえるのです。それは何よりも素晴らしい目的です。なぜなら、あなたが幸せであることが、自分の潜在性を存分に発揮し、他の人を幸せにして、真の意味で社会に貢献することに繋がるからです。

 

ポジティブマインドを育てるコミットメント

成長の過程で、親や先生に怒られた経験がないという人はいないでしょう。恐らく、あなたが普通の子どもであったならば、不本意にも怒られた経験が多々あることと思います。ただ、子どもの頃のそんな経験の数々により、「私は十分でない」「私には十分な能力がない」「私は価値のない人間だ」「間違いや失敗は悪いことだ」という自分を制限する思考を、潜在意識の中に刷り込んでしまった人が大勢います。

そんな自分を制限する思考を取り外すには、「心の働き」を理解し、意図的に新しい思考を選択するという『意識的なこころへの働きかけ』が必要です。

このポジティブマインドを育てるための日々の実践は「言うは易し、行うは難し」の代表例のようなもので、あなたの強いコミットメントなしには出来ないことです。ですから当講座には、「心への働きかけ」を自らしっかり行うというコミットメントが固まった方にのみ参加していただきたいと思います。

社会のウェル・ビーイング(心の健康と幸せ)に貢献する

こころの働きの原則を学び、健康でポジティブな心(ウェル・ビーイング:WB)を育成する『こころのカリキュラム2.0』。当講座は、このカリキュラムを学び、自身が実践し、その学びと経験を人にも伝えたいという思いを持った人のための講座です。

ですから、当講座は個人の学びにとどまるだけでなく、社会全体のウェル・ビーイング(心の健康と幸せ)を高める人財を育成することも狙いとしています。

私たちが学校でも家庭でも、決して教わることのない『こころのカリキュラム』。「こころ」は私たちの脳と同様に、素晴らしい潜在性を秘めたパワフルなツールです。その「こころ」と親密な関係を築き、その力を味方につけることが出来たら、あなたの人生は確実に変わっていきます。

その知識と経験は、子育て中の親御さん、教育者(学校の先生方)、組織や会社でリーダーシップを担う方々には不可欠なものです。

3つのサービス

  1. 『こころのカリキュラム2.0』 本科&応用実践オンライン講座(全12回)
  2. 受講生同士のつながりと気づきを与え合うコミュニティ(オンラインフォーラム)
  3. 個別メールコンサルティング

サービス その1

こころのカリキュラム2.0
本科&応用実践オンライン講座

『こころのカリキュラム2.0』は、心の働きの原則を学ぶ本科コース(講義全6回)とその原則を実生活の様々な分野で活用していくスキルを学ぶ応用実践コース(講義全6回)から構成されています。
コースはオンライン動画講座としてお届けしますので、いつでも好きな時に受ける事ができます。
また、繰り返しての受講も可能です。
子育ての合間や移動時間、お休みになる前の時間などを利用して学ぶことも可能です。
講座では、以下の12の事をお伝えします。
(隔週1講座配信、全12回)

講座1【思考システムのはたらき】

誰しもが独自の思考システムを持っています。それは、生まれてから現在に至るまでの全ての経験と周りからの影響によって作られてきたものです。そして、その思考システムがフィルターとなって、あなたが体験する「現実」と「気持ち」を決定しいきます。その思考システムのメカニズムを理解することは、自分がどういう思考や態度の習慣をもった人間であるかという『自己へのきづき』につながります。また、この『自己への気づき』が全ての変化と成長の基盤となります。

講座2【感情のメカニズム】

私たちは様々な感情を日々感じながら生きています。その感情がどのようにして生まれるのか、ポジティブな感情とネガティブな感情の持つ役割とはいったい何なのか?どうすれば、日々「いい気持ち(幸福感)」をより多く感じながら生きていけるのか、という感情のメカニズムをお話します。

講座3【気分の波への処方箋】

気分の波は、一日を通じて誰しもが体験するものです。一日を通じて気分が良いままという人はほとんどいません。ただ、気分が下がっているときに、思考と感情がどのような影響を受けるのかという理解がないと、自分と他人の気分の波に左右されっ放しの惨めな人生を送るハメになります。講座3では、気分の本質とその波を乗り切る方法などについても詳しくお話していきます。

講座4【ネガティブな感情を味方につける】

ネガティブな感情は確かに感じていて気持ちのよいものではありません。けれども、実はネガティブな感情はとても大切なことを教えてくれています。ネガティブな感情の本来の意味と役割を知り、それと上手に付き合えるようになれば、もう必要以上に悩み苦しむこともなくなります。講座4では、ネガティブな感情の賢い使い手となるコツを詳しくお話していきます。

講座5【ポジティブな感情の効用と活用の仕方】

ポジティブな感情は、たとえそれが一過性のものであれ、あなたの資質を伸ばして成長を促すという長期的効果をもっています。ポジティブ感情をより頻繁に、そして、存分に感じるように心がけるだけで、あなたの人間的成長と自己実現は、驚くほど飛躍していきます。講座5では、ポジティブ感情の効用と活用法を詳しく解説します。

講座6【脳とこころのメカニズム】

脳とこころの働きは切っても切れない関係にあります。
この講座では脳とこころがどのように関係しているのか、脳の構造&機能という観点から徹底的に解説していきます。脳のメカニズムを知ることは、こころへの理解をさらに深め、その理解にもとづいた実践的なスキルを身につけることにつながっていきます。

講座7【レジリエンス:心の筋肉を鍛える法】

強くしなやかな心は、放っておいて勝手に育つものではありません。心の筋肉は体の筋肉と同様、鍛えれば鍛えるほど強くなっていきます。言い換えると、意識的に思考を使う練習を日々重ねていくことで、私たちの心は本来の力を発揮できるようになるということです。自分の(潜在)力を存分に発揮していくためにも、心の筋肉を鍛え、逆境やストレスに簡単に屈しない心の力(レジリエンス)を高める方法についてお話します。

講座8【怒りを消す認知行動療法】

ネガティブな感情の中でも、「怒り」ほど対人関係に影響を及ぼすものはありません。怒りは強い感情で、ともすれば怒りのために本来ならば表現されるべきでない言動が起こることがあります。そして、取り返しのつかない亀裂を、大切な人間関係に入れる場合があります。この講座では、そんな惨事を未然に防ぐためにも、「怒り」の実体と認知行動療法を使った怒りの消化法を解説します。「怒り」をなかなかコントロールできない子ども(時には、大人も!)の教育にも役立つ内容です。

講座9【人間関係を劇的に変えるポジティブコミュニケーション】

ポジティブコミュニケーションとは、「衝突を避けた円滑なコミュニケーション」という意味ではありません。人はそれぞれ異なる思考や価値観を持っており、時には意見がぶつかることがあって当たり前です。実際には、自分の意見と相手の意見が異なるときこそ、本物のコミュニケーションが生まれるチャンスのときでもあります。講座9では、「こころの働き」への理解をベースとした、心と心を繋ぐポジティブコミュニケーションのあり方と具体的な実践法についてお話していきます。

講座10【プレッシャーから自分を解放するストレスマネジメント】

日常生活とストレスは一見切り離せない関係にあるようにみえますが、実際には「ストレス」という実体が存在するわけではなく、目の前にある状況を本人がどう捉えるかによって変化するのが「ストレス」でもあります。この講座では、そんな一般的なストレスへの考え方を見直し、「ストレス」との正しいつきあい方を解説していきます。

講座11【自分との新しい関係を築くマインドフルネス】

マインドフルネスとは「意図的に『今この瞬間』に注意を払い、あるがままを受け止めることで生まれる意識」です。マインドフルネスを育てていくことは、自分の頭、こころ、体との新しい関係性を築いていくことに繋がります。また、マインドフルネスは新しい心のスペースを作り、より広い視点、洞察、心の柔軟性を育てていきます。講座11では、そんなマインドフルネスを育むために、日常でできるエクササイズなどもご紹介していきます。

講座12【幸せを呼び込むポジティブマインドセット

最終講座では、これまでの講座内容を振り返り、「こころ」を自分の最強の味方として生きていくアプローチを掘り下げていきます。自分を制限するのは、「時間、お金、人脈、年齢」といった外部的な要素ではなく、いつでも自分が(時には無意識に)自分に課している『自分を制限する思考』です。自分がなりうるべき最高の自分(Best Possible Self)を実現していくための『ポジティブマインドセット』と、それを生み出す実践的方法についてお話します。

サービス その2

受講生同士のつながりと気づきを与え合う場

悩んでいるのはあなただけではありません。きっと同じような問題に直面している仲間がいるはずです。
受講生の皆さんと私とで構成される「ポジティブマインド」コミュニティで、仲間同士、励まし合いサポートし合い、心への理解を深め、幸せな人生を共に実現させていきましょう。こちらはFacebook上での非公開グループになります。参加はもちろん自由です。また、講座の質問等もこちらで受付けます。なぜこのグループ内で質疑応答を行うかというと他の方の質問からもたくさんの気づきが得られるからです。

サービス その3

個別メールコンサルティング

とは言え、FBフォーラムではシェアしづらい大変デリケートな内容もあるかと思います。グループ内では話しにくい内容については、直接メールにてご質問ご相談を受付けます。コース期間中、何度でもご利用可能です。

今だけの3つの特典!

その1

私たちは生きている限り『不安心配』から完全に解放されることはありません。なぜなら、それは生存本能にもとづいた自然な反応だからです。だからといって、不安心配に悩まされる必要はありません。こちらの動画では、自分を消耗させるだけのムダな『不安心配』と上手にサヨナラする方法をお伝えします。

その2

自分のことはよく分かっているようで分かっていないのが人間の性です。
例えば、あなたがいつも陥ってしまう思考のクセ(習慣)は何でしょうか?全ての変化はこうした「自己への気づき」が基盤となります。当ワークシートは、自己を客観的に見つめ直し、より良い自分を引き出していくために役立つものです。

その3

私たちは皆平等に一日24時間という時間を与えられています。でも、その同じ時間の中で、多くのことを達成していく人もいれば、全てが中途半端のままになってしまう人もいます。当音声講座では、時間を100倍効果的に使うための『時間管理マスターの極意』をお伝えします。

当講座は只今開講中です
 受講料 198,000円(税込み)

(6ヶ月コース(全12講座)受講料、個別コンサルティング料金、コミュニティフォーラム参加料金込み)
*全額返金保証*
(6ヶ月コース修了時に、思うような効果&結果が得られなかったという方には、全額受講料を返金します)
分割支払いをご希望の方は、本科コース(講義1−6)108,000円、応用実践コース(講義7−12)108,000円を
それぞれのコースの初回講座開始日前までにお支払いください。

『こころのカリキュラム2.0』は、こころの働きの基本原則とそれを日常生活で活用していくための実践的スキルを総合的に養う講座です。また、その知識とスキルを人に伝えて、社会の幸せに貢献できる人財を育成することも狙いとしています。
当講座は6ヶ月のコースを通じて、フォーラムや個別メールコンサルティングも行っていきますので、受講生お一人お一人とじっくりお付き合いさせていただく濃密な講座となります。そのため、単発または短期講座では決して得ることの出来ない「こころの働きと活用法」に関する深い学びとスキル習得が可能です。

また講座は動画講座でお届けしますので、何度でも受講可能です。
講座に関する質問、また「こころのカリキュラム2.0」の適用に関する疑問などは、個別メールコンサルティング、またはオンラインフォーラムにて自由に何度でもご質問いただけます。
「こころのカリキュラム2.0」コミュニティにて、学びと気づきを共に高め合う素晴らしい仲間との絆を築いていくことも、これからの豊かな人生の財産になっていくはずです。

心を自分の最強の味方にして、よりあなたらしく幸せに生きる、
そして社会の幸せに貢献する
新しい生き方が、あなたを待っています。

最後に

ポジティブ心理学博士(Ph.D.) 山口まみ
講師プロフィールはこちら

長い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

テクノロジーや技術革新が進み、私たちの生活はほんの数世代前の人達には考えられないほど豊かな社会になりました。それと共に、私たちが学ぶべき知識やスキルの幅も広がっているのが今の時代です。

それにもかかわらず、本当に重要で、かつ基本的な「こころの働き」と「心を味方につける技術」について、多くの方が学校でも家庭でも未だに教わる機会がないのは、非常に残念なことだと言わざるをえません。

「こころの力」は、全ての基盤です。
なぜなら、心の力なしに何かを成し遂げるということは決して出来ないからです。


WBポジティブマインドスクール『こころのカリキュラム2.0』では、下記の3つの柱を掲げます。

1) 「こころの原則」をオープンマインドでしっかり学ぶという意志のある方
2) その学びを、日々実践して、自分の心の筋肉を鍛えていくというコミットメントが持てる方
3) その知識、経験、スキルを人にも教えていきたいという意欲のある方


上記のことがらに真剣に取り組める人を、『こころのカリキュラム2.0』第1期生として歓迎します。

当講座があなたとあなたの大切な人達の幸せにつながることを、そしてあなたが心から望む充実した人生を創造していくための「揺るぎない基盤」となることを心から願っています。

WBポジティブマインドスクール
『こころのカリキュラム2.0』第1期生

お申し込みはこちら

お申込みは以下のフォームよりお願いいたします

お申込みフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

(例:山田太郎)

(例:やまだたろう)

(例:000-0000)

(例:千代田区大手町1-1-1)

(例:03-0000-0000)

(例:03-0000-0000)

(例:sample@yamadahp.jp)

(例:32歳、50代 など)

Paypal支払いに関しては、こちらをご覧ください。